タイムセールの恐怖?

新宿の大ガード周辺だと、いわゆる一時店舗で時計とかバッグとかを
「今だけ!タイムセールだよ~」と大声で頑張っているおにいちゃんたちがいる。

あれって、本当のところどうなんでしょうね。

まあそもそも実態はずーっと「タイムセール」なんだよね。

でも時計なんかはまあ1000円ならいいのかな?というレベルではあるけどね。

結構外国人観光客の人とか買っているから、まあ、私たちが外国の露天で買うのと同じなんだろうね。

でもあっちはタイムセールとか言わないけどね。

「タイムセール」は昔だとそれほど盛んじゃなかった感じだったけど最近は結構派手にやっているかも。

昔はなんかワゴンに乗った、イマイチの商品が安く乗ってるイメージが強い気がしたけれど、最近はお店同士が競争してお姉さんたちが「更に10%」みたいな呼び込みに声を枯らしている感じかな。

まあ、そうなっちゃうとタイムセール時間以外に入る気がなくなっちゃうから両刃の剣という気もするけど、とってもおトクだと思います。

こないだは化粧品の「タイムセール!」とかいわれてついフラフラ見ちゃったら、かなりディープな催眠商法に近い売り方が展開されていた。

でもまあ、ちゃんとしたメーカーの商品だったし、おまけが単についただけ、ではあるけれどやっぱり買っちゃった。

4000円の美白化粧品。
あな、恐るべし、タイムセール。

Comments are closed.