ナスダックによる日本の金融への影響

まずナスダックとは、OMXグループが運営しているアメリカ株式市場の事で日本で言うなら東証・大証と同じクラスです。

取引所がなくコンピューターシステム上で金融取引を行います。

市場ではベンチャー企業・中堅企業などが上場しており、ハイテクIT企業なども上場しています。

ナスダックは新しい会社やこれからの将来に期待ができるって企業が、沢山金融取引されています。

会社の規模関係なしに色んな株が売買されるようになったので、今では世界でも有名な巨大金融取引所なのです。

よくナスダック株価とか株価情報がテレビで流れますが、ナスダックはハイテク企業などが多く上場しているので日本でも頻繁にニュースになるのです。

ナスダックの取引が終わるのは日本時間の大体5時ごろ。

なのでナスダックでの株価の変動は、日本への影響がもろに関係があるのです。

金融取引を行なう人は、ナスダックの株価指数などが気になると思います。

思いも寄らない事が多々あるので、予想をするのはとっても難しいです。

ですが先のことを考え、前日のナスダックの動きなどをサイト上でも見ることができるので、慎重に金融取引を行いましょう。

Comments are closed.