中村勘三郎、深刻な病状

 
中村勘三郎さん。

肺疾患で深刻な病状なのだそう。

酸素を送り込む人工肺装着をつけるなどしているそう。

でも、来年4月の舞台復帰を目指しているそうです。

頑張って欲しいけど、無理しないでー。
中村勘三郎さん、
抗がん剤治療などにより、免疫力が低下しているところにそこにウイルスが入り、
肺炎になったそう。
そして、急速に低酸素状態になるARDSを発症し、
肺の血管から水分が漏れ肺胞腔内の貯留で呼吸困難になる肺水腫に。。。

大学病院に転院し、肺に酸素を送り込む人工呼吸器、人工肺を装着したそうです。

一時は心配停止の危険もある厳しい状態にもなったとのこと。

お孫さんとの共演も楽しみにしていらっしゃるでしょうし、
まだまだやりたい事もたくさんあるのでしょうね。

そのパワーが、生命力を維持しているのだろうけれど、
ホント無理しないで欲しい~。

お大事にしてください。

元気に舞台復帰される日を気長に待っていますので・・・

 

 

 

Comments are closed.